トップページエフェクター > インプレッション > エンヴェロープフィルター(オートワウ)探訪

インプレッション

エンヴェロープフィルター(オートワウ)探訪

bassballはとても個性的で好きなんですが、違ったタイプの物を欲しくなって探訪へ行きました(2008年前半)。片っ端から試奏ですよ。

ミュートロンは個性最高だがデカい、電源別が難。

エマは評判通り最大公約数だがギターのほうがいい感じにかかるか。

DODは割り切りで全然使える。

ムーガーフーガーとウルトロン、アッシュダウン他はシンセっぽい掛かりで好きじゃないか、高いかデカイかでナシ。

エレハモはピリッとせず、ちゅーかbassballもっていりゃいいか(笑)。TUBE ZIPPERは曲を選びすぎるかなあ。

MXRはLFOタイプでした。結構好きだぞ、ということで以降はエンヴェロープフォロワー探訪。

もともとフェイザー大好きで新しいものを探していたんで、増えるのは全然OKなんですが、エンヴェロープフォロワー機能が付いたものは数が少なく、楽器屋にないケースが多い。ピグトロニクスはヴィクターウッテンのアルバムで聞けるあの音とリキテンのトニーの音が出る。完成度が高いが、購入に踏み切れないのは、何かが足りない感じ(個性?もしくはトーンだね)。

エレハモのXOシリーズはあまり良くないね、高いんだけど。Flanger Hoaxは未試奏だけど(いつの間にかどこにも置いていない)、フェイザー2台って気になるね。

トアッドワークスは代理店に問い合わせた所、都内に在庫なし。これももの凄く高い。CATに依頼を検討するも、感覚的な部分は正解不正解が難しく、意思疎通が無理なため、探訪ひとまず封印と相成りました~。意外に国産も良さそうだけどね、guyatone、maxonあたり。

(2009/02/14更新)


comments powered by Disqus